内視鏡検査について

「苦痛」と「不安」をできる限り軽減して
より多くの方に内視鏡検査を

胃カメラや大腸内視鏡検査を受けたいけど、どうしようかと悩まれる方も多いことともいます。確かに以前は胃にしても大腸にしても内視鏡検査は楽ではありませんでした。しかし近年は内視鏡機器の改善と内視鏡医の技術向上によって以前と比べて楽に検査ができるようになって参りました。検査や治療に対するご不安をできるだけ取り除き、苦痛の少ない検査を受けていただくことによって、胃がん、大腸がんの早期発見、早期治療をお手伝いしていきたいと思っております。

また検査は受けたいけど、恥ずかしい、痛いかもしれない、と躊躇されていらっしゃる女性の患者様も、女性医師が検査を担当することができます。また、不安が強い場合には、鎮静剤を使用して苦痛を少なくして、検査を受けることもできます。 ご希望の方は、予約の際にご相談ください。

胃内視鏡(胃カメラ)

❶予約

お電話もしくは受診してご予約下さい。食事やお薬のご説明をさせていただきます。
予約なしで当日検査が可能な場合もありますので、まずは電話もしくは来院してご相談下さい。当院では経口内視鏡(口から入れる胃カメラ)と経鼻内視鏡(鼻から入れる胃カメラ)を用意しております。ご希望がございましたらお知らせください。 なお検査を行う前にかならず検査同意書をいただいておりますので、ご了承ください。

❷検査前日

夕食は21時までに済ませてください。その後は固形物は控えてください。水分やお薬はご自由に摂って下さい。

❸検査当日(来院前)

朝食は絶食ですが、水、麦茶、スポーツドリンクなどの水分は十分にお飲みください。ただしコーヒーや牛乳などの色の濃い飲み物は控えてください。朝の内服は7時ころまでに内服してください。
お薬手帳はからなず持参してください。なるべくゆったりした服装で、口紅やマニキュアは使用しないか、検査直前に拭き取って下さい。

❹検査当日(来院後)

検査当日は開始時間がずれることもありますので時間に余裕を見ておいてください。どうしても時間に余裕のない場合は事前にお申し出ください。
入れ歯ははめたままでも検査は可能です。外していただいても構いませんが、失くさないようお気を付け下さい。

❺検査の前処置

胃の泡を取る液を100ml程度飲んでいただきます。その後のどもしくは鼻の中に麻酔をします。楽に検査を受けていただくため、鎮静剤の注射も可能です。鎮静剤を使用する場合は注射の影響が残りますので検査後の車、バイク、自転車では来院しないでください。

❻内視鏡検査

口もしくは鼻から内視鏡を挿入し咽喉頭、食道、胃、十二指腸をまんべんなく観察します。検査時間は5-10分程度で、組織を一部採取することもあります。

❻検査終了後

内視鏡写真をお見せしながらご説明します。
鎮静剤を使用した場合は30分以上安静にしていただき、目がしっかり覚めてからご説明します。

大腸内視鏡

❶予約

まずは来院してください。問診、診察させていただいたのちに検査を予約します。お薬手帳は必ず持参して下さい。検査の前処置としての下剤は自宅で内服していただいても、院内の個室で内服していただいても、どちらでも構いません。予約の際に確認します。

❷検査前日

前日の食事に特に制限はありませんが、消化の悪いもの(豆類、海藻類、線維質の野菜)やキウイ、トマトのような種のあるものは控えてください。
寝る前に下剤を飲んでいただくことがあります。

❸検査当日の前処置

朝から腸管洗浄剤1-2リットル内服していただきます。水のようなお通じが出るようになり腸がきれいになったら検査開始です。

❹内視鏡検査

肩に腸の動きを止める薬を筋肉注射したのちに検査を開始します。肛門より内視鏡を挿入し大腸全体を観察します。検査時間は15-25分程度です。検査中は空気が腸に入りますのでお腹が張りますが、なるべくリラックスして受けてください。

❺検査後

検査中大腸に空気が入ってますので、検査後はお腹が張ります。何度かトイレに行ってガスを出して下さい。お腹の張りが楽になってきたら検査結果を詳しく説明します。

PAGE TOP

診療時間INFORMATION

TEL.0979-83-2280

診療時間
9:00〜
12:30
×
14:00〜
17:30
× × ×

休診日 木曜午後・土曜午後・日曜・祝日